teron (テロン) オムライス

京町洋風食堂 teron (テロン)

看板メニューの「デミオムライス」は至福の味


柳川の商店街で味わえる感激のオムライス

西鉄柳川駅から徒歩11分ほどの距離にある京町商店街。この一角に店を構える「京町洋風食堂 teron」(柳川市京町)は、多くの人に訪れてほしい洋食のお店です。

teron (テロン) 店内

同店のメニューは、自家製デミグラスソースでいただくデミハンバーグや、醤油ベースのジャポネソースが添えられたポークステーキ、 青じそとガーリックを使った和風ペペロンチーノのパスタなど、目移りしそうな料理ばかり。その中でも、“看板メニュー”と言われているのが、コクのあるデミグラスソースで仕上げた「デミオムライス」です。

teronのオムライスは、単体で食べても美味しいチキンライス、それを包む程よい柔らかさの卵、そして、コクのあるデミソースが相まった奥深い味。丁寧に煮詰めて仕上げたデミソースでいただくオムライスは素朴かつ上品な味わいで、これを目当てに食事好きの友人を誘って訪れたくなります。

オムライス

仕込みに約20日間! 丁寧に仕込んだデミソース

そんな味わい深いteronのデミオムライスですが、店主の白谷洋治さんに気になるデミソースの仕込み方について伺ってみました。

「デミソースに使うのは牛骨などのガラ、セロリや玉ねぎなどの香味野菜、甘めのワインなどです。うちではソースの継ぎ足しは行わず、炒め焼きした材料を水から丁寧に火入れしていき、裏ごしを繰り返しながら2週間から20日間くらいかけて作ります。皆さま、そんなに手間がかかっているとは気が付かずにあっという間にお召し上がりになるのですが、美味しく食べていただけるのでうれしいですね」(白谷さん)

オムライス 中身

仕込みのため、店休日にも店を訪れてデミソースの火入れを行っている白谷さん。香り高く、奥行きのある味わいが印象的な黒褐色のデミソースは、丹念な仕込みの賜物です。また、オムライスとハンバーグに使用するデミソースも使い分けているといい、そんな手間を惜しまない誠実な仕事から生み出される料理が、地元客をはじめ多くの人々の心をつかんでいるのだと感じます。また、同店は価格も良心的で、上記のデミオムライスにサラダ、スープ、コーヒーが付いた「デミオムライス セット」は、850円という衝撃のコスパです。

teron (テロン) カウンター

食材は生産者からの直接仕入れ
teronの洋食を影で支えるつやおとめ

手間を惜しまずに作られるteronの料理ですが、食材の仕入れについてもその姿勢は変わりません。白谷さんは飲食業者向け食材店での仕入れは行わず、顔の見える生産者の元へ足を運んでの買い付けを大切にしているそうです。休日になると、柳川をはじめ近隣の農家などを一軒ずつ回って食材を仕入れています。柳川で採れたあまおうイチゴはドレッシングに、近隣の山川町で仕入れたみかんは魚に合わせるソースに仕立てたりと、地のものを活かし、生産者との関わりの中で生まれるメニューもteronの大きな魅力です。

そして、洋食と言えば何といってもお米。米飯に合わせて食べるために日本で独自の進化を遂げた西洋料理である洋食は、お米との相性が抜群です。teronで提供しているライスは、もりなが農園の「つやおとめ」。お米にはさまざまな銘柄があり、料理によって相性も使い分けも変わってきますが、どういった理由でこのお米を選ばれたのでしょうか。

「もりなが農園さんとお付き合いが始まったのは、4年ほど前。社長の福永さんが来店してくださったのがきっかけです。もりなが農園のつやおとめは冷えても味が良く、粘りがあって美味しいですね。お客さまからも、お米が美味しいとの声をいただきます。お店では毎月、30kgほど使っているでしょうか」(白谷さん)

teron (テロン) 店内 その2

先に紹介したデミオムライスをはじめ、醤油ベースのジャポネソースでいただくポークステーキなど、手間を惜しまずに作られたteronの洋食メニューは、どれも白いご飯と相性が良いものばかり。とりわけデミオムライスの素朴な美味しさには、思わず笑みがこぼれるほど。これまで色いろなお店を訪れてきましたが、ぜひ多くの人に訪れて欲しいと感じた洋食屋さんです。


京町洋風食堂 teron (テロン)

〒832-0023
福岡県柳川市京町49番地(柳川京町郵便局前)

TEL/0944-72-7707
営業時間/ランチ  11:30~15:00(ラストオーダー 14:00)
     ディナー 18:00~22:00(ラストオーダー 21:00)
店休日/月曜ディナー、毎週火曜日
駐車場/無(近隣にコインパーキング有。ランチタイム時は1時間駐車サービス券を進呈)
アクセス/西鉄柳川駅から徒歩11分。京町商店街沿い

※ 平日ランチタイムのみ、京町商店街駐車場の1時間駐車サービス券をお渡しています。駐車場をご利用の際は、レジにて駐車券をご提示下さい。土日やディナータイムは、店舗の向かいにある『京町郵便局』駐車場の使用許可をいただいていますので、そちらをご利用下さい。


店舗一覧へ

このページの先頭へ