もりなが農園ニュース

News/ ニュース

注連飾り

明けましておめでとうございます

2016.11.17

新年、おめでとうございます。
平素より格別のお引き立てをありがとうございます。
本年も、どうぞ宜しくお願い致します。


正月用の「しめ飾り」作り

米農家が手がける仕事の一つとして、正月用の「しめ飾り」作りがあります。

昨年末、もりなが農園では、当園の稲わらを使用して「しめ飾り」作りのワークショップを開催致しました。

続きを読む


  • しめ飾り作りを教える福永貴大
    しめ飾りを手作り
    しめ飾り完成

    ワークショップは小学生や年配の方など多数の方々にご参加いただきました。自宅のしめ飾りを手作りできるとともに日本の伝統文化も学べるとあって、ご参加の皆さまにはたいへん好評でした。

    しめ飾りみんなで作成

    今年の年末には、小学校でのしめ飾り作り教室の開催も決まりました。

    なお、教室開催等のご要望がありましたら、もりなが農園までご連絡下さい。

    麦の作付け

    さて、今月は麦畑への追肥(ついひ)作業を行いました。今シーズン、麦の作付けは22町です。約100トンの収量を見込んでいます。

    麦踏み

    トラクターに装備した種まき機に肥料を入れ、さらに麦踏み用のローラーを付けて、麦踏みを行いながら施肥を行なっていきます。

    麦の上に肥料

    “踏圧”(とうあつ)された麦の上に肥料が振られていきます。

    大豆の収穫は、約1週間ほど続きます

    踏圧された麦は、「エチレン」と呼ばれる植物ホルモンの働きによって成長が活発化し、茎が太く強い麦に育ちます。

    こうした作業は、3月まで約10日~2週間おきに続けられます。


  • 閉じる


2016年の記事はこちら



このページの先頭へ