もりなが農園ニュース

News/ ニュース

柳川市内への配達を強化していきます

柳川市内への配達を強化していきます

2021.3.10

農器具などを保管している倉庫横に電信柱が立っているのですが、上をみるとカササギ(カチガラス)が巣作りをはじめていました。



カササギは中国では「喜鵲」と書きます。
その名の通り、喜びや良い兆しを表す「幸運の鳥」とされていますが、特に恋愛・結婚、子宝に恵まれるなどの幸運を運んでくれると言われています。

続きを読む


  • 長年、農業をしていますが、カササギが巣作りをしにくるのは初めてのことです。
    営巣がキッカケで、もりなが農園にも幸運が訪れるといいなと思っています。

    さて、もりなが農園では今シーズンから近隣の配達を強化していきます。
    2年連続で台風被害に遭ったことで、現在はより経営の地盤を固めることに注力しています。

    配達についてですが、

    ・配達は基本的に柳川市内のみ
    (近隣の大川市、みやま市、大木町などには配達を行います。現在、配達料はいただいておりませんが、これ以外の地域に関しては配達料を頂く方向で検討を進めています)

    ・配達日の指定(配達は週3日のみ行い、より栽培に専念できる環境をつくるため)

    の2点を考えています。

    ありがたいことに福岡市内や他県からご注文をいただくことも多々あるのですが、これまでのお客さまとのつながりを大事にしながら進めていきたいと思います。何卒、宜しくお願い致します。

    枯れ枝など巣の材料をせっせと集めて飛び回るカササギを見るにつけ、「無事に巣作りが終わるとともに、災害から再建中のもりなが農園にも幸運が訪れますように」と願う毎日です。


  • 閉じる


「楽天ふるさと納税」のページがリニューアル!

「楽天ふるさと納税」のページがリニューアル!

2021.2.11

このほど、『楽天ふるさと納税』 https://item.rakuten.co.jp/f402079-yanagawa/047-0185/ の返礼品ページをリニューアルしていただきました。



炊き上がった「つやおとめ」の香りと食味の良さが伝わってくるような写真を新たに撮影していただき、より見栄えのするページ構成にしていただきました。

続きを読む


  • つやおとめは、同じく福岡県の人気米である「ヒノヒカリ」よりも若干粒が小さいのが特徴です。卵かけご飯や丼ものなどの「のっけ飯」との相性は抜群ですので、ぜひご家庭でお試し下さい。

    おかげさまで、現在も多くの方々へ向けて発送作業を行っております。
    この「つやおとめ」を通じて、少しでも柳川の魅力が伝わればうれしく思います。

    現在、園地では麦が順調に成長しています。
    今月も天気をみながら麦踏みの作業を行っていこうと思います。

    麦踏みを行う時期や回数は気候や地域によってさまざまですが、今月は天候も比較的安定しているため、「麦踏み日和」が多いのではと期待しています。


  • 閉じる


「楽天ふるさと納税」での取り扱いがスタート!

「楽天ふるさと納税」での取り扱いがスタート!

2021.1.24

皆さま、たいへん遅くなりましたが新年おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。



このほど、もりなが農園のお米が『楽天ふるさと納税』 https://item.rakuten.co.jp/f402079-yanagawa/047-0185/ の返礼品に選ばれました!

お米の品種は、当園の人気米「つやおとめ」です。

続きを読む


  • ふるさと納税での取り扱い自体は昨年末にスタートしたのですが、現在、立て続けに注文が入っている状況です。多くの皆さまに喜んでいただけいるようで、とてもうれしく思っています。

    当園は2年連続で台風の被害を受けましたが、一等米の認証をいただけるなど高品質なお米が育ちましたので、ぜひご注文をお待ちしております。

    現在、当園HPを通じた注文は休止中ですが、楽天ふるさと納税での取り扱いは続けて参ります。(在庫がなくなり次第、終了となりますのでご容赦下さい)

    ふるさと納税は全国発送にも対応していますので、ぜひお時間のあるときにご覧になって下さい。

    ふるさと納税内にあるもりなが農園のページですが、柳川 七ツ家での米づくりを紹介していただいています。今月末、新たにお米の撮影を行うなどして、近くページの作り替えをして下さるそうなので、今から楽しみです。

    それでは、今年も皆さまにとって実りある1年となりますよう、心よりお祈りしております!

    改めまして、本年もどうぞ宜しくお願い致します。


  • 閉じる


良年を願ってしめ縄づくり

良年を願ってしめ縄づくり

2020.12.30

先日、しめ縄づくりのワークショップが開催され、講師として参加してきました。



毎年恒例となるこの行事は、今年で6年目。今年は約20名の方々がしめ縄づくりを学びました。

続きを読む


  • 新年を迎えるにあたって神社や神棚などに備えるしめ縄は、神さまの「依代」(よりしろ)であり、家内安全や豊穣への祈りが込められています。

    しめ縄づくりは農家の手仕事として引き継がれてきた伝統文化ですが、農業人口の減少などの変化もあり、徐々に作り手が減っているのが現状です。

    今回のワークショップでは若い女性の方も参加して下さり、楽しみながらしめ縄づくりを学んでいただきました。

    おかげさまで、最近は市外の方にも「しめ縄づくりを教えて欲しい」との依頼をいただくようになり、先日はお隣の大木町に行ってまいりました。

    家族や地域の繁栄を祈りながらのしめ縄づくりは日本の大切な伝統文化の1つですので、これらの取り組みを通じて、しめ縄を自作する方が1人でも多く増えればうれしく思います。


  • 閉じる


米袋のデザインを一新しました

米袋のデザインを一新しました

2020.12.21

もりなが農園の米袋が新しくなりました。



・江戸時代から続く当園の歴史
・品質の良さ

などを表現して制作を行いましたが、温かみのあるデザインになったかと思います。

米袋

続きを読む


  • 今回のデザイン制作では、マークの中央に我が家の家紋をあしらい、その周囲を屋号で囲った当園のオリジナルスタンプを作成しました。

    スタンプは1つひとつ米袋に手押しします。

    紫インクの微妙なかすれ具合が味になり、当園の歴史と品質の良さを上手く表現しています。

    これまでは既製品を使用していましたが、今月から新デザインの米袋で販売を行います。

    贈り物などでも喜んでいただけると思いますので、ぜひご用命下さい。


  • 閉じる


2020年度 稲刈りが終了しました

2020年度 稲刈りが終了しました

2020.10.30

稲刈りが終了しました。



昨年は台風の影響で品質・収穫量ともに大きく下回りましたが、今年からは何とか出荷が再開できそうです。

米

続きを読む


  • 稲

    本年も台風の影響で収穫量の減少はあるものの、もりなが農園が力を入れている品種である「つやおとめ」に関しては、とても良い状態に仕上がりました。

    稲

    2年連続で台風の影響を受けましたが、今年からは当園のお米がふるさと納税の返礼品に選ばれるなど、平素より皆さまのお力添えに感謝しております。

    飲食店の皆さまなど多くの方々をお待たせしている状況ですので、出荷に関しましてはまた近々お知らせをさせていただきます。

    今後とも、もりなが農園をどうぞ宜しくお願い致します。


  • 閉じる


今週はいよいよ梅雨明けです

今週はいよいよ梅雨明けです

2020.7.28

田植えから約一カ月経ち、稲が順調に育っています。



長雨の影響で稲株の分けつ(株の根本付近から新芽が出て株分かれすること)が思うように進んでいませんが、予報では今週にも梅雨が明けるそうです。これから順調に分けつが進んでくれると思います。

田

続きを読む


  • 日照時間が長いと分けつが進み、収量にも大きく関わってきます。
    分けつには稲の栄養状況と気象条件などで、しっかりとした穂になる「有効分けつ」と、穂にならない「無効分けつ」の2種類に分かれます。少しでも有効分けつを増やして収量を上げるために、先日は稲への肥料振りを行いました。

    肥料振り

    昨年の潮風害を踏まえて、今年の米作りは海から少し離れた内陸の田んぼを中心に行っています。この時期は稲と大豆の作業が重なるため重労働が続きますが、1つひとつの作業を丁寧に行って、高品質な農産物を育てていきたいと思います。


  • 閉じる


ホームページでの受注販売をしばらく見合わせます

ホームページでの受注販売をしばらく見合わせます

2020.7.19

もりなが農園では、今後しばらくホームページでの受注販売を見合わせることになりました。

昨年の潮風害が原因で、現在、手数をかけての作業が思うようにできなくなってきています。このような状況ですので、当面、ホームページにおけるお米の受注販売を停止させていただきます。

前回、この場で「今シーズンはネットでの販売にも力を入れて参ります」とお伝えしていたのにも関わりませず、たいへん申し訳ありません。

なお、飲食店の皆さまへの配達などは、これまで通り行って参りますのでご安心下さい。
(配達は基本的には柳川のみですが、1tほどでしたら福岡県内に限り配達をさせていただきます)

また、もりなが農園へ直接、お米を取りに来ていただいている皆さまについても、当面の間、販売を玄米のみとさせていただきます。
(現在、もりなが農園では大型精米機の導入を検討しています。精米が可能になりましたら、またご連絡させていただきます)

皆さまにはたいへんご迷惑をおかけいたしますが、品質維持を目的とした苦肉の措置ですので、何卒、ご容赦下さいませ。


今シーズンの米作りがスタートしました!

今シーズンの米作りがスタートしました!

2020.6.29

今シーズン(令和2年)の米作りがスタートしました。



昨年は台風による潮風害により米の収穫が叶わず、皆さまにたいへんご迷惑、ご心配をおかけ致しました。

多くの方々からのご尽力とお力添えをいただき、今シーズンの米作りをスタートさせることができました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

田植え

続きを読む


  • 現在、田植えと大豆の植え付け準備を並行して行っていますが、作業は順調に進んでいます。Facebookでも米作りの様子をアップしておりますので、どうぞご覧下さい。

    米作りの様子

    昨年、海水を被った田んぼや畑はミネラルを豊富に含んでいると思います。台風の影響がなければ、かなり質の良い農産物が収穫できると思います。

    かなり質の良い農産物が収穫できると思います

    とは言っても、昨年はまったく収穫ができませんでしたので「今年は多くを望まず、無事に収穫ができますように」と祈りながら作業を行なっています。

    昨年、実行できなかったホームページ上での「ネット販売」や「米袋のリニューアル」なども準備を行っていきたいと思いますので、準備が整い次第、お知らせさせていただきます。また、不定期連載の「選ばれ続ける信頼の味」のコーナーも秋口に再開できればと考えています。

    田植えが終わると、毎日の水管理が始まります。今年は皆さまに美味しいお米をお届けできるように、丁寧に作業を行なっていこうと思います。


  • 閉じる


2019年度 出荷休止のお知らせ

2019年度 出荷休止のお知らせ

平素よりもりなが農園のお米をご愛護いただき、心より感謝申し上げます。
この度、皆さまに大事なお知らせがございます。

2019年9月に発生した台風18号の影響により、当園では大規模な潮風害が発生しました。強風に乗って田んぼに降り注いだ海水によってお米の品質は大きく低下し、収穫量も昨年に比べて半分以上に落ち込む見込みです。

この状況を鑑み、今シーズンは出荷の停止とHPによる注文を休止する運びとなりました。平素よりお引き立ていただいております飲食業者の皆さま、HPを通じてご注文下さっている皆さま、たいへん申し訳ございません。当園と致しましても苦渋の決断でございます。何卒、ご理解のほどよろしくお願い致します。

もりなが農園の農地があります柳川市の七ツ家では、昔から潮風害の影響を受けて参りました。しかし、潮風によってもたらされる恩恵もあります。天然のミネラルが田んぼや畑に入ることで、うまみの詰まった農産物が採れるのです。

気候変動に伴い米づくりの難しさも増しておりますが、来シーズンは潮風の恩恵をバネにして、さらに美味しいお米をお届けできるよう全力を尽くして参ります。
今後とも、もりなが農園をどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社もりなが農園
代表取締役社長 福永貴大


出穂期を迎えました

出穂期を迎えました

2019.9.10

もりなが農園では、稲穂が出る出穂期(しゅっすいき)を迎えました。



これから稲は成熟期を迎えますが、昨年に引き続き残暑が続いているため米粒の割れや食味が低下しないよう水田の管理を行っています。

米粒の割れや食味が低下しないよう水田の管理を行っています

続きを読む


  • 稲が成熟期間の暑さを乗り越えられるように、夜間に水を流し込んで土の温度を下げるなど色いろな高温対策が必要なってきます。

    おかげさまで先週末の台風による影響もなく、稲の生育は順調です。

    稲の生育は順調です

    もりなが農園では、今シーズンから米袋のデザインが新しくなりますので、また追って報告させていただきます。


  • 閉じる


日照不足と長雨が続いています

日照不足と長雨が続いています

2019.9.4

酒米の穂が出始め、刈り入れまであと約1カ月ほどになりました。



日照不足や長雨が続いていますが、おかげさまでもりなが農園の稲たちは順調に育っています。日々、収穫を見据えて、品質に影響が出ないよう仕上げていきたいと思います。

稲たちは順調に育っています

続きを読む


  • 今年は悪天候が続き、気の抜けない日々が続きます。週末は台風も接近するようですが、今のところ、福岡県に直撃はしないようです。

    しかし、米農家にとって直撃しない台風も厄介なもので、台風特有の強風で稲が煽られて倒伏する危険があります。

    台風特有の強風で稲が煽られて倒伏する危険があります

    悪天候の中でも美味しいお米を作るのが米農家の腕の見せ所でもありますので、天気予報と天候をつぶさに観察しながら、稲の成長を見守っていきたいと思います。


  • 閉じる


「選ばれ続ける伝統の味」第四弾!房飲房食にぎやか 柳川店さんの記事をアップしました!

「選ばれ続ける伝統の味」第四弾!房飲房食にぎやか 柳川店さんの記事をアップしました!

2019.6.4

皆様にぜひ紹介したいお店です。詳しくはコチラの記事をご覧ください。




米づくりの準備が始まりました

米づくりの準備が始まりました

2019.6.4

このほどもりなが農園では、種籾を水につける浸種(しんしゅ)の作業を行いました。



浸種は、種籾を一斉に発芽させる目的で行います。
通常、種籾をそのまま苗箱に播いても芽は出るのですが、これだと発芽のタイミングが揃いません。

浸種

続きを読む


  • 発芽のタイミングを揃えるには、種籾を水に浸けて芽出しを行う必要があります。

    種籾は水分が13%以上になると呼吸が盛んになり、細胞の分裂や伸長が始まります。

    もりなが農園では、この浸種の作業を3日間行っています。

    浸種の作業
  • 閉じる


新規店舗への納入

新規店舗への納入

2019.3.6

麦が元気に成長しています。



昨年12月の播種からちょうど3カ月になりますが、生育状態は良好です。

麦

続きを読む


  • おかげさまで、もりなが農園のお米も好評をいただいております。

    今年の6月、地元柳川でオープン予定の飲食店で、もりなが農園のお米を使っていただくことになりました。ご縁に感謝し、よりいっそう米作りに精進いたします。

    納入が決まりましたら、ホームページの「選ばれ続ける信頼の味」コーナーでも、紹介させていただければと思っています。

    今年はホームページ上での「ネット販売」や「米袋のリニューアル」などにも力を入れていきたいと考えています。

    準備等々が進んだ後、ホームページやFacebookでも告知させていただきます。

    一等米
  • 閉じる


「選ばれ続ける伝統の味」第三弾!京町洋風食堂 teron(テロン)さんの記事をアップしました!

「選ばれ続ける伝統の味」第三弾!京町洋風食堂 teron(テロン)さんの記事をアップしました!

2019.1.30

皆様にぜひ紹介したいお店です。詳しくはコチラの記事をご覧ください。




2018年の記事はこちら

2017年の記事はこちら

2016年の記事はこちら



このページの先頭へ